山本公認会計士事務所

freee導入支援、社外CFO・社外経理部受託、M&A支援、事業承継支援で中小企業をサポートする、大阪市中央区の公認会計士・税理士事務所です。

よくあるご質問

【質問】税務調査の際、調査官の職格・職歴により、どのような違いがあるでしょうか?

調査官の現在の部署・職格や、過去の職歴により、重点的に調査の対象になるポイントや、経験・得意分野が異なります。 国税局員の過去の職歴は「職員録」として販売されているので、それを確認すると過去の経歴等が確認できます。 職歴録の見方としては、こ…

【質問】革新的なアイデアは、どのようにしたら発想できるでしょうか?

革新的なアイデアは、どのようにしたら発想できるでしょうか?参考になる書籍があったので、ご紹介します。 革新的なアイデアは既存のものの組み合わせる、という前提を知る 革新的なアイデアを生む手順 首を突っ込む 知らないこと、気になることは、片っ端…

【質問】契約などによらない、不当に得た収入に税金はかかるのでしょうか?

製品やサービスの提供などの契約によらない、誤って得た収入に対して、税金はかかるのでしょうか? 誤って振り込まれた金額は、法律上の原因なく得た利益として、民法703条の不当利得に当たると思われます。 不当利得は、民法上、これを返還する義務を負いま…

【質問】回収の難しい貸付金を、貸倒損失で処理することは可能でしょうか?

貸付金などの金銭債権の貸倒れについては、法人税基本通達が参考になります。 No.5320 貸倒損失として処理できる場合|国税庁 ここには3つの場合に貸倒損失計上が認められるとあります。 1 金銭債権が切り捨てられた場合民事再生、和議、債権放棄書による通…

【質問】短期間で利益を増やすには、どうしたらいいでしょうか?

短期間で利益を増やすには、どうしたらいいでしょうか? この回答も含め、こちらの本に記述されている内容が有用ですので、ご紹介します。 利益を増やすには、売上が減少するほど積極的に値上げする必要がある。値上げしても売上が変わらないような価格水準…

【質問】事業承継税制の特例承継計画は、いつまでに提出する必要がありますか?

事業承継税制を適用するには、事前に特例承継計画の提出が必要です。以前、こちらの記事にもまとめましたが、特例承継計画の提出期限は令和5年3月でした。 コロナもあって、あまり承継計画の提出が進んでいないためか、提出期限が1年間延長され、令和6年3月3…

【相談】役員や従業員が亡くなった際の葬儀代は、経費に計上できるでしょうか?

役員や従業員が亡くなった際の葬儀代は、社会通念上相当であれば、法人の損金に計上できます。 https://www.nta.go.jp/law/tsutatsu/kihon/hojin/09/09_07_04.htm 法人税基本通達9-7-19法人が、その役員又は使用人が死亡したため社葬を行い、その費用を負担…

【質問】業務を効率化するためのシステムはどのように導入すべきでしょうか?

システムを使うのが上手な会社とそうでない会社の収益性の格差は、ますます拡大するでしょう。システムの導入のノウハウが、企業運営の巧拙に大きな影響を及ぼします。 システムを使うのが上手な会社には幾つかの共通点が見えます。 経営者がシステム導入に…

【質問】借入の返済が困難な際、どのように銀行と交渉を進めるべきでしょうか?

現在はコロナによる緊急融資が積極的に行われているので、借入の返済に困るケースは少ないです。しかしその緊急融資の返済が始まってくる数年後には、事業再生の案件も増えてくるという見方も強いです。 事業再生に関するガイドラインが全国銀行協会から発表…

【質問】納税の猶予を受けた場合、銀行から借入はできるでしょうか?

日本政策金融公庫の制度融資や、保証協会の保証制度を用いた融資を受ける場合は、公的な資金が使われるわけですので、納税の猶予を受けている場合には、借入は難しくなるでしょう。 上記のような融資を受ける際には、納税証明書の提出が求められることがあり…

【質問】納税の猶予は可能でしょうか?

納税猶予の制度としては2つあります。 新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な方へ|国税庁 換価の猶予 納税の猶予 1の換価の猶予は以下の場合に適用できます。 国税を一時に納付することにより、事業の継続又は生活の維持を困難にするおそれが…

【質問】おすすめのワーケーション補助金はありますか?

以前にもこちらのページで、各自治体のワーケーション制度をご紹介しました。 その中でも釧路市のワーケーションはおすすめです。 【募集中】釧路市地域連携型サテライトオフィスモデル事業を募集します|北海道釧路市ホームページ 理由としては、以下のとお…

【質問】1年間回収できなかった売掛金は、貸倒れ処理できるでしょうか?

1年間回収できなかった売掛金は、法人税基本通達で定められるように、取引停止してから1年間経った場合は、貸倒れとして損金に算入することが可能です。 第1款 金銭債権の貸倒れ|国税庁 法人税基本通達9-6-3債務者について次に掲げる事実が発生した場合に…

【質問】経理の書類はいつまで保管が必要でしょうか?PDFで保存してもいいのでしょうか?

税務上規定されている、保存すべき経理関係書類は、大きく以下の2種類に分類されます。 帳簿例えば総勘定元帳、仕訳帳、現金出納帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳、売上帳、仕入帳など。 書類例えば棚卸表、貸借対照表、損益計算書、注文書、契約書…

【質問】利益を将来に繰り延べて、節税をしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?

まず注意しないといけないのは、「利益を将来に繰り延べるのは節税になるのか?」ということです。実は、単に将来に繰り越すだけでは、節税にはならず、かえって税額が増えることがあります。なぜなら、利益が800万までの法人の実効税率は約27%ですが、800万…

【質問】集客や採用を効率よく進めるにはどうしたらいいでしょうか?

マーケティングの3要素というのがあります。 リスト(見込客名簿) オファー(見込客への提案内容) クリエイティブ(見込客への提案の見せ方、伝え方) マーケティングというのは「市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの全過程にわたって行う企業活…

【質問】4月以降もキャリアアップ助成金は使えますか?

令和4年4月1日以降、キャリアアップ助成金が一部見直される予定です。主な変更点は以下のとおりです。 有期→無期への助成金が廃止。 正社員への転換の助成金については、正社員の定義が変更に。(正社員に適用される就業規則が適用され、賞与または退職金が…

【質問】どういう株式が値上がりしやすいでしょうか?

株価の上昇には様々な要因がありますが、やはり利益が大幅に増加することが大きな要因の一つとしてあげられます。 つまり指標しては、四半期ごとのEPS(一株あたり利益)で、前年同期比で数十%~数百%など大幅に増加している場合には、株価も上昇する傾向が…

【質問】従業員を何人雇っていくべきかは、どのように考えたらいいでしょうか?

事業が拡大期にある時などは特に、 売上を増やしたいので、受注を増やす 現場が忙しいので、人を増やす 人が増えるとスペースが必要なので、事務所を拡大する 固定費が増える 固定費を賄うために、受注を増やす 1に戻る といった地獄の無限ループに陥りがち…

【質問】会社から給与で受け取ると所得税や住民税、社会保険料が高くなってしまいますが、他に方法はあるでしょうか?

経営者が給与として会社から受け取った場合、所得税は最高率部分で45%にもなりますし、住民税も10%、また社会保険料の本人負担が15%弱と、なかなか高率になってしまいます。 では給与で受け取らずに、配当で受け取ったらどうなるか? これは非上場の企業の場…

【質問】相談を受けた時、相手に喜ばれる答えを返すにはどうすべきでしょうか?

参考になる動画がありました。ついついやってしまいがちの下手な聞き方。人生相談や事業に関する相談、なんでも当てはまるような気がします。 下手な人の聞き方 聞いてる途中に「そこ間違ってる」と言ってしまう。 こうすればいいに決まってる、という答えを…

【質問】株式が多数の株主に分散しないようにするには、どういう方法がありますか?

株式が多数の株主に分散しないようにするには、以下の方法があります。 定款で株式譲渡制限を定めるこれは多くの中小企業が設立時から採用している方法です。 定款で相続人に対する株式の売渡請求を定める譲渡制限があっても相続人には相続されてしまうおそ…

【質問】余剰資金を投資運用しようと思いますが、法人と個人、どちらがいいでしょうか?

生命保険に関する税制改正が令和元年にありました。それにより生命保険を損金算入するには、返戻率は85%が最高となり、その場合の損金算入割合は40%と定められました。 これにより、「利益を繰り越して、法人税を将来に繰り延べしたいが、そのために15%も損…

【質問】タスク、スケジュール、メモはどうやって管理されてますか?

紙、PC、スマホでそれぞれ様々なツールがありますが、私の場合以下のような点が活用のポイントになることを感じています。 スケジュールやメモ自体を見直すこと自体を忘れがち。 入力が面倒だと、結局使わない。 使うツールが多いと、使わないものが出てくる…

【質問】コロナの影響で、消費税の原則課税処理が難しい場合、期中から簡易課税を選択することは可能でしょうか?

消費税に関する各種届出は、適用する期首の前日が届出期限になっているものが多く、当期から適用したくても適用できないことが多く、よく問題なります。 しかしコロナの影響で期中に届出が必要になった場合には、それが認められる特例が各種用意されています…

【質問】経営力向上計画は、どういう場合に提出しておくべきでしょうか?

経営力向上計画を策定し認定を受けておくと、各種の支援が受けられますが、多くの中小企業が受けられるメリットとして重要なものは、次の2点です。 法人税(個人事業は所得税)の減税 即時償却 所得価額の10%の税額控除 所得拡大促進税制の上乗せ ただ、経営…

【質問】事業復活支援金の対象判定に際して、各種給付金は売上に含めるのでしょうか?

事業復活支援金の対象になるかどうかの判定に際して、持続化給付金や家賃支援給付金、時短要請協力金などは売上には含めません。 ただし、令和3年11月〜令和4年3月までの対象月に時短要請協力金を受け取る場合は、売上に含めて判定する必要があります。 よく…

【質問】祖父母から孫へ、学費を支払うのは贈与税の対象になりますか?

将来の相続税の節税のために、祖父母から孫へ、学費を支払うことは贈与税が非課税となるので、相続税対策として有効です。 ただし非課税になるのは、教育費の支払に使うためにもらったものでないといけません。つまり、大学4年分の学費を前もって渡しておく…

【質問】従業員から「仕事が時間内に終わらない」と言われた場合、どうしたらいいでしょうか?

【質問】従業員から「仕事が時間内に終わらない」と言われた場合、どうしたらいいでしょうか?残業をしてもらうべきでしょうか?それとも、やはり時間内に終わらせるよう依頼すべきでしょうか? 【回答】まずは業務の内容を見直してみるのも一つです。従業員…

【質問】会社を売却するとしたら、いくらで売れるでしょうか?

会社を売却する際、評価方法はいくつかあります。大きく分けると、 将来の利益やキャッシュフローに基づいて算定 同業他社や類似の取引事例に基づいて算定 会社の資産と負債に基づいて算定 の3つの方法があります。 最も合理的と言われるのが、将来生み出さ…

© 山本公認会計士事務所