山本公認会計士事務所

大阪の北浜にある、山本邦人が代表を務める公認会計士・税理士事務所のサイトです。

固定IP契約を解約したら、ネットに繋がらなくなった際のトラブル解消方法

うちの事務所では在宅ワークを推進しています。外部から事務所内のサーバーに接続する際、今まではVPNによっていましたが、セキュリティーを高めるため、昨年末からbeatというソフトに変更しました。

 

VPNで利用していた固定IPが不要になったので解約をしたら、ネットに繋がらなくなりました。プロバイダのサポートにメールしたら、ルーターの設定を動的IPに変更する必要があるのだとか。

 

今回、私が出張中でのトラブルであり、今後もこういうトラブルの際の対処方法を備えておく必要があると痛感しました。

 

すぐにサポートしてくれるプロに普段から依頼するのはいいのですが、それだけでは仕組みの改善や運用方法の改善まで任せっきりになるのもいけません。

 

その辺りのバランスが重要だと思います。

Q:税理士を変更しても大丈夫でしょうか?

Q :税理士を変更しても大丈夫でしょうか?

 

A :経営のコツの一つは、経営環境に合わせて行動を変化させることだと思います。

税理士も「サービス業」ですので、他のサービス業と同じくサービス面や料金などで満足いかなければ変更しましょう。無理に関係を続けると経営の状態が悪化する場合もあります。

 

「税理士を変更すると税務調査に入られるのでは?」と心配される方もたまにいらっしゃいますが、弊社と顧問契約させていただいたお客様ではそのような事例は全くございません。税務署も税務調査の選定で、まず顧問税理士の変更を気にするというのはないでしょう。それよりも調査履歴や会社の業績の変化の方がよほど重要です。

また「税理士を変更すると銀行の信用が下がるのでは?」と心配される方もたまにいらっしゃいますが、変更理由をきちんと説明すれば逆に信用はあがるでしょう。


山本公認会計士事務所では、今まで多くのお客様の税理士・会計士に対する不満をおうかがいしてきており、特に多いご不満の内容については当社でも十分配慮するように社内教育を徹底しております。

すでに多くのお客様が当社に変更していただいておりますが、いずれも長くお付き合いさせていただき、喜んでいただいておりますので、ご安心ください。

事業承継を円滑に進めるために重要な要素は、意識の共有と早めの準備

事業承継成功させるコツは、早期に後継者を決めて、準備にとりかかること。

何事もうまくことを運ぶには、十分な準備と、ある程度の時間が必要である。東京商工リサーチ「全国社長の年齢調査」(2017年)によると、事業承継を円滑に運ぶのに必要なことは、主に次の5つとのこと。

  1. 現代表(社長)と後継者候補との意識の共有 60.4%
  2. 早期・計画的な事業承継の準備 46.3%
  3. 経営状況・課題を正しく認識 45.7%
  4. 早めに後継者を決定 42.7%
  5. 今後の経営ビジョンを持つこと 35.0%

つまり事業承継を成功させるには、早く後継者を決め、一緒に経営ビジョンを共有し、承継の準備をしていくことが必要ということがわかる。

何事も準備と時間をかけることが大事ということはわかっている。しかし早めに次期の社長に委ねていくということが、実行するのは難しい。だから中小企業の事業承継は、なかなか進んでいないわけで。。。

リーダーシップの格言

Example is not the main thing in influencing others. It is the only thing.
模範を示すことは、人を動かすための重要な方法ではない。唯一の方法である。(アルベルト・シュヴァイツァー, 神学者、医師、1875-1965)

Hounds follow those who feed them.
犬は餌をくれる者に従う。(オットー・フォン・ビスマルク、プロイセン王国首相、1815-1898)

It’s hard to lead a cavalry charge if you think you look funny on a horse.
馬上で間抜け面をしていたら、騎兵隊の突撃を率いるのはむずかしい。(アドレー・スティーブンソン、政治家、1900-1965)

I must follow the people. Am I not their leader?
私は人々に従わなければならない。私は彼らのリーダーではないのか?(ベンジャミン・ディズレーリ、政治家、1804-1881)

Surround yourself with great people, delegate authority and get out of the way.
一流の人々のなかに身を置き、権限を委譲し、好きにさせなさい。(ロナルド・レーガン、アメリカ大統領、1911-2004)

It is a curious thing, Harry, but perhaps those best suited to power are those who have never sought it.
妙なことなんだがね、ハリーよ、力にいちばんふさわしかったのは、それをいちども求めたことのない者なのかもしれないね。(J・K・ローリング、作家、1965-)『ハリー・ポッターと死の秘宝』

He who wishes to be obeyed must know how to command.
従わせたければ、操り方を知らなければならない。(ニッコロ・マキャヴェッリ、政治思想家、1469-1527)『君主論』

I am more afraid of an army of 100 sheep led by a lion than an army of 100 lions led by a sheep.
私は一匹のライオンに率いられた百匹の羊のほうが、一匹の羊に率いられた百匹のライオンより、おそろしい。(シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール、政治家、1754-1838)

セブンイレブンに学ぶ交渉術

イトーヨーカ堂の鈴木元会長がセブンイレブンを始める当初、アメリカ本社とロイヤリティの率を交渉した。

アメリカ本社は売上高の1%を譲らない。しかし利益は2〜3%程度なので、受け入れるわけにはいかない。

そこで次のように提案した。

 

「提携によってあなた方のライセンス収入が大きくなることが本来の目的です。そのためには、我われが健全な経営をし、売上高を伸ばしていく必要があります。たとえロイヤリティの率を低くしても、日本で成功すれば最終的に額は上がっていきます。だから率を上げるよりも額を上げるという考え方をしてはいかがですか?」

結果0.6%で合意に至った。

 

学ぶべき点としては、

  • 率では解決にできないので、額の論点に変更した。
  • 相手のメリットにフォーカスした。
  • 信念に基づいて、正論に終始した。

ということではないかと思う。

 

目標設定の格言

  • 効率とは物事を正しく行うこと。有効性とは正しいことを行うこと。(ピーター・ドラッカー)
  • 同時に2つのことをやるのは、どちらもやらないのと同じである。(ププリウス・シルス、喜劇作家)
  • 最も重要なことを、他の些末なことの犠牲にするな。(ゲーテ)
  • 私は常に、優先順位リストの一番上から取りかかる。最も重要なことに取り組まない週があったとしたら、その一週間は無駄だったということだ。(ランディー・ゲイジ、著者)
©2019 山本公認会計士事務所 / Yamamoto CPA Office