山本公認会計士事務所

freee導入支援 / M&A / 事業承継 / 相続

持株会社化(ホールディングス化)はどんなメリットがあるのか?

f:id:yamamotokunito:20200820081458p:plain

ここでいう持株会社化というのは、

  • 事業ごとに会社を分ける
  • 事業会社の株式を持株会社が所有する
  • 持株会社は各社から配当を得る

という企業グループを作るということを指します。

 

中小企業が持株会社化するメリットは大きく5つでしょう。

  1. 節税になる。
    • 自社株の評価額を下げ、贈与税・相続税を節税できる。
    • 交際費や退職金の枠を複数得られる。
    • 事業に関与しない家族も、持株会社の役員として給与を得られる。
  2. グループ各社の人・物・金・情報を、グループ各社に最適配分しやすくなる。
  3. 事業やマーケット単位で分社化されているため、事業を再編する際はM&Aを活用しやすくなる。
  4. 事業会社ごとに社長ができ、PL面だけでなく、BS面も意識することで、より経営者意識を持った従業員を育成できる。
  5. 事業会社ごとにブランドを分けたり、従業員の待遇を変えたりしやすくなる。

 

節税だけに注目しがちですが、利益が出なければ節税もできないわけですし、稼いだ利益の35%までしか税金は取られないため、より利益が得られるための持株会社化を考えたいところです。

 

©2019 山本公認会計士事務所