山本公認会計士事務所

従来型の会計事務所や経理部はもう要らない。freeeとGoogle Workspaceで、経理をもっと効率的・効果的に。

令和4年1月1日以降適用、電子帳簿保存法制度のまとめ。

簡素化される手続きは、帳簿等と、受領する請求書に分類されます。

帳簿等

  • 事前の届出が不要に。
  • 電子データのまま保存が可能。
  • 信頼性の高い電子帳簿は、過少申告加算税を5%軽減、青色申告特別控除を10万上乗せ。

受領する請求書等

  • 事前の届出が不要に。
  • 紙原本による確認が不要になり、スキャン後原本廃棄OK。
  • 電子データ改ざんによる不正は、重加算税10%加算。
  • タイムスタンプは最長2ヶ月以内に統一。
  • 検索要件は「日付、金額、取引先」に限定。小規模事業者は不要。

紙原本の保存が不要になり、リモートにも対応した業務フローが可能になりそうです。
freeeなどのソフトの仕様に合わせて、業務フローを見直すことにより、効率化を図れるでしょう。

f:id:yamamotokunito:20210831115553p:plain

www.mof.go.jp

© 山本公認会計士事務所