山本公認会計士事務所

freee導入支援 / M&A / 事業承継 / 相続

M&Aに使える「経営資源引継ぎ補助金」は、仲介サイトを通じて複数の中から専門家を選べば、相見積りとして考慮される可能性がありそう。

f:id:yamamotokunito:20200721082703p:plain

 補助金は一般的にかかった費用の一部を負担してくれます。
ですので、購入先・支払先の決定の際には、相見積もりが必要です。
これがM&Aの場合は、相見積もりの取得が、秘密保持の問題や専門家フィーの問題から難しいところがありました。

しかしM&A仲介サービスであるバトンズを通した場合は、専門家を何人かの中から選択するので、相見積りに含まれる可能性が高いようです。

M&Aを検討している会社は、バトンズを通して専門家を選び、補助金をとりあえず申請しておくというのが良さそうです。

©2019 山本公認会計士事務所