山本公認会計士事務所

freee導入支援 / M&A / 事業承継 / 相続

M&Aに使える、経営資源引継ぎ補助金の公募要領が発表されました。7/13申請受付開始です。

中小企業の事業承継の際のM&Aに使える、「経営資源引継ぎ補助金」の公募要領が発表されました。以下概要です。

  • 補助率2/3。上限200万円。(廃業費用については+450万円)
  • 補助対象は専門家の着手金、成功報酬、デューデリ費用、概要書作成報酬、旅費交通費、Batonzなどの仲介プラットフォームの手数料など。
  • M&Aが成立しなくてもOK。
  • 買い手、売り手が直接申請。
  • 専門家を使わないM&Aは対象外。
  • 補助額100万と200万の2タイプあり。100万のほうが採択率が高そう。
  • コロナ特例あり。
  • スケジュール
    • 7/13~8/22 受付
    • 1ヶ月程度 審査
    • 9月~1月 専門家等への支払
    • 2月 見積書、契約書、領収書を提出
    • 3月 補助金支給

中小企業のM&Aでは、かなり使いやすくなっています。公募期間が短いので、売却・廃業を検討している会社は、とりあえず申請だけでもしておくべきでしょう。
弊社でもご相談に応じておりますので、こちらからご連絡ください。
https://www.accg.jp/inquiry 

 

https://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/shoukei/2020/200706shoukei.html

f:id:yamamotokunito:20200707114440p:plain



©2019 山本公認会計士事務所