山本公認会計士事務所

freee導入支援 / M&A / 事業承継 / 相続

仕事に関する9つの嘘

f:id:yamamotokunito:20200630072410p:plain

良い従業員を見分ける8つの質問

良い従業員を見分けるには、その従業員が以下の質問に対して、どれだけ肯定できるかを把握することが重要である。

  1. 会社の使命に貢献したいか?
  2. 期待されていることは理解しているか?
  3. チームのメンバーが、価値観が同じと感じるか?
  4. 強みを発揮できているか?
  5. チームのメンバーとの信頼関係はあるか?
  6. 優れた仕事をすればちゃんと評価されると思っているか?
  7. 会社の未来に自信を持てているか?
  8. 常に成長を促されているか?

逆に言うと、これらを従業員が肯定できるように、従業員に合わせて環境を整えることが必要である。

年1回の計画よりも、毎週の1対1の現状確認

年初の計画はすぐ陳腐化する。

現状把握は質よりも量。年1回完璧に行うよりも、毎週行うことが重要。

完璧な計画よりも、できるだけ多くの情報と意思決定権限を開放するほうが、大きな効果を生む。

従業員に目標を与えるよりも、情報を解放しその意味を伝え、自分たちに考えさせた方が効果的

目標設定が生産性を上げた証拠はない。意味と目的がわかれば、人は動く。目標は自分で自発的に立てて初めて効果がある。ノルマは達成した時点で、そこで努力をやめる可能性がある。

©2019 山本公認会計士事務所